}PgžxQ被相続人が死亡した場合には相続が発生しますが、遺言などがなければ財産相続できる人は民法によって定められている法定相続人に相続権が発生します。まず、配偶者は常に相続人になります。そしてそれ以外には第1順位から第3順位まで血族で定められています。第1順位は子供、子供が亡くなっている場合は代襲相続により孫、孫がなくなっている場合にはこれも代襲相続によりひ孫となり、これは永遠に引き継がれます。第1順位がいない場合には第2順位である父母、父母がなくなっている場合には祖父母になります。第2順位がいない場合には第3順位の兄弟姉妹になります。兄弟姉妹がいない場合には代襲相続により甥姪になります。以上が財産相続できる人の範囲になり、第1順位と第2順位が同時に相続するというような重複は起こりません。この中で注意しておきたいのは、子供の扱いですが、実子は当然相続人になりますが、前妻や前夫の連れ子の場合は相続人にはなりません。また、養子は相続権があります。その他には、まだ生まれていない胎児の状態ですが、これは相続権があります。非摘出子の場合は認知すれば相続権が発生します。これらは民法によって定められていますが、遺言書がある場合はこの限りではありません。